低刺激な生活

肌荒れに悩む女性

外用薬があればすぐにアトピーの症状が治まることがありますが、病院でのこういった治療は炎症が起こってしまった後の対処療法でしかありません。根本的な問題は炎症が治まったからといって消えたわけではないのです。
アトピーが生じてしまう原因はミネラル分やビタミン不足が原因となって肌が乾燥してしまうことによって生じるとされています。そのため、根本の治療をするためには体質を改善するためにビタミンやミネラルを十分に取ることが大事なのです。その体質改善のために漢方や食事、生活習慣に気をつける必要があります。
鉄欠乏や低タンパク質が原因なら、食事で足りない栄養素を補うことが大切です。これらの栄養素が不足している身体が刺激物に触れるとアトピーになってしまうので、改善のためには体質を徐々に変えていくことになります。

しかし、体質を改善するには相当な時間が必要です。失われてしまった機能はすぐには回復することはありません。そのためで、まずは刺激が少ない環境を整えることが大事です。顔は乾燥しやすく、炎症が起こりやすい場所でもあるので、特に洗顔料に気をつけるべきです。また、肌の乾燥を防ぐためには化粧品に関しても気をつける必要があります。化粧品には敏感肌の人のために作られた低刺激の製品がありますので、そういった商品を使えます。
日焼け止めも日焼けによる炎症を防ぐためのものですが、日焼け止め自体に刺激物が含まれていないものを選ぶ必要があります。刺激が少ない特性のものとしては、界面活性剤などが含まれないものが良いといわれています。